歯周病

歯周病チェック 歯周病について 原因ってなんだろう? 治療について メンテナンスについて

 

歯周病チェック

歯周病チェック

チェックが一つでも当てはまった方、まずはご相談ください。
歯周病はきちんとしたメンテナンスで食い止められる病気です。

歯周病について

成人の8割の人がかかっている「歯周病」

私が開業して驚いたことの一つに、
成人の8割の人がかかっている「歯周病」についての認識が
思った以上に低いということがあります。

歯周病は、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、
口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
また虫歯と違って初期段階では自覚症状がないために、
気づいた時には病気がかなり進行している場合が多いのです。
最近では、糖尿病などの全身の病気や喫煙などが悪化させることもわかってきました。
患者さんにお渡しする診断シート
口の中の状態、歯周病の進行状態、治療計画などでコンピューターで解析して書面にて説明いたします。
 

歯周病の原因って何だろう!?

歯周病の原因は、プラークという食べ物の残りが、時間がたって細菌が増殖し、できた塊です。
また、10代などのうちから発症する歯周炎は、宿主(人間の防御反応)側にも問題があると言われています。
あまり歯磨きをしなかったり、歯医者さんに通わないと歯石が、特に清掃しにくい所にたまり、これが引き金となり歯の周囲にポケット(歯周ポケット)がで き、だんだん深くなり、清掃しにくい状態をつくり次第に歯を支えている骨を破壊していきます。そのまま放置しておくと、やがて歯を支える骨がなくなり、抜け落ちていきます。
歯周病(中期)の患者さん写真

歯周病の治療はどのように進んでいくのでしょうか?

歯周病は自覚症状がなく進行します

歯周病の何らかの症状がすでに現れており、歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、かなり症状が進行しているケースが多く、治療も長くなります。
治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。
また、歯周病は自覚症状がなく進行します。私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さんがいれば、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

一般的に、歯周病の治療は以下のように進められます

(重症度で、治療の時期や内容は大きく変化することもあります。)
まず、歯周病の治療は歯肉の上についた歯石を除去することから始めます。次に歯肉の下の隠れた歯石を除去します。治療が一段落したら、歯の抜けたところにブリッジや入れ歯を入れるなどの最終処置にとりかかります。
歯は全部で28本(親知らず入れたら32本)あり、これらが力を合わせて食べ物を噛み砕いています。
その1本でも欠けるとその分を残りでカバーしなくてはいけません。ほうっておくと、他の歯に負担がかかってしまいます。そのため、一本でも抜けたら必ず差し歯や入れ歯等で補う治療をしておきましょう。
現在は技術が進んできており、入れ歯や金属の引っかけが無い入れ歯や、全く金属を使わない(メタルフリー)ブリッジ等が造ることができます。
また、どうしても入れ歯が嫌な人には、インプラントも行っています。
再生治療(特殊な膜やエナメルマトリックス蛋白という物質を用いて、歯周病組織を再生する方法)は、適応症例が非常に限定されるため、現在のところ当医院では行っておりません。
   


・歯ぐきが腫れている


患者さんの訴え
・歯をみがく時にがでる。
治療前  
 
・歯ぐきの腫れがなくなり、歯をみがいてもが出なくなりました。
・歯の黄ばみもなくなりました。
治療後  

歯周病のメンテナンスと歯の健康

歯周病はメンテナンスで進行を食い止められる

歯周病もきちんとメンテナンスをすれば、進行は食い止める事が出来ます。
再び歯石ができれば、普通の歯磨きでは到底除去するのが難しいので歯科医院に行ってとってもらうしかないと思います。
みなさんは実際は歯磨きをしていて も、ほとんどの人が上手にメンテナンスケアができていないのが残念ながら現状といえます。

歯科医院にて適切なブラッシング技術を教えてもらい自分自身のプラークコントロールを管理していくことが大切ですね。
治療によって歯周病が改善されれば、定期的なメンテナンスに入りますが、歯周病は簡単に再発してしまう病気なので、適切なプラークコントロールを自分で行う事はもちろん、
定期的に病院に来て頂き、検査をするのが理想のメンテナンスといえるでしょう。